あなたの無意識を成長させる方法。

あなたの目標達成能力は高まります。その為に、
あなたの無意識を育てましょう。育んだり、成長させるイメージです。

例えば、願っても、望んでも今くいかない人がいらっしゃいます。
逆に、望んだものを確実に手にする方も多々いらっしゃいます。

この違いをNLPを使って紐解いてみます。

実は、NLPにはビリーフチェンジプログラムというワークがあります。
例えば、人の心の深い部分の感情や気持ちを見てみましょう。
言葉では、「できる、やれる」と話していても、心の深い部分では、
自分には無理だと考えているとしたら?

無理な方が優先されています。
なぜならば、本音は自分を信じていないからです。
すると、無意識は無理だと判断してしまいます。
むしろ、無理な状態を保つことであなたを守ろうとします。

つまり、心の深い部分の本音が、無意識として人生に影響しています。

NLPのビリーフチェンジプログラムで、次のことを学びます。
「やると決めたのに、やらない。」という行動を積み重ねると、
決めたことは達成されないと、無意識は判断します。

では、どうしたらいいか?ということです。
NLPのビリーフチェンジプログラムでは、次のように無意識を育みます。
「やると決めたことを、行動する。」

このような、あたり前の行動を繰り返した時に、無意識はこう判断します。
やると決めたことは達成される。この状態が作られると、目標達成しやすくなります。
無意識が、達成に向けての思考・判断・行動をとってくれるからです。

このように、人生を豊かにするために、
あなたの無意識を育むという考え方はとても重要です。

人が何かを学んで成長していくことで、思考・判断・行動を変えるように、
あなたの無意識も育むことで、思考・判断・行動を変えることができます。
それが、人生の豊かさ、毎日の充足感につながります。

自分に下した評価が人生を形作るのをご存知ですか?

人生を変えた一言。
「あの時の、あの人の一言が・・・。」

あなたにとってベストな人生に向けて無意識を活用していきましょう。
無意識の作用を自分の望んでいる人生に向けることで、人生は変わります。

実は、「自分に下した評価が人生を形作る」という原理があります。
冒頭のあの時の一言は、いろいろな意味を含みます。

あなたの力になったもの、あなたの自信を奪ったもの、
に対して心に影響のなかったものなどです。
実は、同じ言葉をかけられても、受け取り方は人それぞれです。

例えば、職場で失敗をして上司から叱られたとします。
その時に、それをきっかけに自分を高めることも出来れば、
そこで落ち込むこともできます。

後者の方は、起こられたことで自分の価値を低く評価したのかもしれません。

前者の方は、起こられた時に自分の現状を把握しています。
把握して、自分を高める行動に移っています。
後者との決定的な違いは、起こられた時に自分に対する低い評価をしていないことです。

実は、評価と無意識は密接に関係しています。
無意識に自分は◯◯な人間だと思い込んでいると、思い込みに基づいて、
思考・判断・行動を行ないます。

NLPでは、プログラミングと言います。
つまり、思考・判断・行動を生み出している思い込みをは、自分に対する評価です。
周りからの評価ではなく、自分で自分に対して行った評価です。

それが、「自分は◯◯な人間だ」という思い込みとなっています。
この思い込みを、NLPではビリーフと言います。
そして、自分への評価は自分次第ですので今までの評価も、これからの評価も
変えることができます。その方法をNLPで学ぶことができます。

それが、あなたにとって健全な無意識の使い方かもしれまえん。

思考・行動・感情が無意識と関係している

今のあなたを動かしているものは、無意識です。

人生を豊かにするためには、無意識の活用が重要です。
無意識を活用することで、今まで映えることのできない成果、
心の豊かさ、毎日の充足感を得ることができます。

では、無意識を活用するためにどうしてらいいかと言う前に理解すべきことがあります。
無意識とは何か?ということです。ここでは、細かい説明ではなく、
あなたの豊かさに活用するために必要な認識を一緒に得て行きましょう。

◯私達の思考・行動・感情は無意識からきている。

今までは、自分の意識動いてきたと考えたかもしれません。
しかし実は、無意識なのです。具体的には、あなたの日々を振り返りましょう。

何気なく考えていること、日々の習慣、ついやってしまう悪習慣、
変えたいけれど変えられない何か、過去への執着。
これらの多くは、無意識に自然にやってしまいます。

これが無意識の作用です。
この作用を理解するのが、無意識を活用するために必要です。
では、どうして無意識にやってしまうのでしょうか?

ここで、NLPを例にとって紐解いていきましょう。
セルフイメージやビリーフという言葉をお聞きになったことはありますか?
人は、多くの場合セルフイメージやビリーフにもとづいて思考・判断・行動していると、
NLPでは教えてくれます。始めて知った時は信じたくない方も少なくありません。

人生の体験・経験で出来た思い込み・強い価値観・自分がこんな
人間だというイメージ。これらは既にインプットされたものです。
このインプットをNLPではプログラミングといいます。

人はプログラミングしたものをもとに自然に思考・判断・行動します。
無意識に行っています。この原理を理解すると、あなたが人生で
豊かになるために必要な無意識の活用法が見えてきます。

自分で自分を信頼できているか?

自分の人生を信頼する、自分の無意識を信頼する。

この2つはとても大切です。

無意識やNLPについて学んでいと分かってきますが、
無意識を信頼できているかどうかで、人生で起きてくる現象が変わります。

例えば、無意識を信頼している人は、
信頼に相応しいことが起きてきます。

逆に無意識を信頼できていない人は、
悪いことが起きるわけではありませんが、信頼している人と比べて、
思いが現実になっていく割合が低いです。

では、無意識を信頼して活用するためには、どうしたら良いでしょうか?
NLPセミナーなどでは、無意識という言い方は多くは出しませんが、
無意識との関係性を築くための知恵やスキルを教わることができます。

その中に注目したい考え方があります。
それは、自分自身を信頼するということです。

自分を信頼するとは、自分自身の在り方次第です。

自分がもう一人の自分を客観的に見ていると思って下さい。
まったくの別人だとして。あなたはその人を信頼出来ますか?

そこで信頼出来るなら、どうして信頼出来ましたか?
逆に信頼出来ないなら、どうして信頼出来ないと思いましたか?

そこで出てきた答えをさらに深く掘り下げてみて下さい。
そこにいろいろと答えが出てきます。

その答えとは、あなたが無意識を信頼するために必要な課題です。
その課題はあなたがあなたを信頼出来ない理由でもあります。

しかし、信頼出来るように課題をクリアしていくことで、
無意識を信頼出来るようになります。
それが人生の豊かさに関係していきます。

相手の変化や無意識を信頼する

どんなに今は、思うことがあっても、
相手の未来を信頼することが大事です。

今回は、無意識に関係していなさそうで、
とても大切いなことをお話していきます。

何かといいますと、あいての未来や変化を信頼することです。
人はどこかで気づくタイミングがあります。そして、そのタイミングは、
無意識に起きてくる部分もあります。

ですので、ある意味では暖かく待つということが大切です。
ただし、変化のチャンスを受け取るかどうかは別の話です。

だからこそ、あなたは無意識の作用と同じく、脳の働きについても
知る必要があります。具体的には、脳は、新しいことを学ぶ際、
繰り返し伝えないと覚えない性質があります。

もちろん、一度で覚える人もいますし、一度で覚えられることと
一度では覚えられないこともあります。しかし、基本的に脳は、
新しいものを覚える時に、繰り返しが必要です。

繰り返しあらゆる角度から伝えることで、覚えることや、
深い理解が生まれます。ですので、あなたが誰かの変化を
見守るならば、相手の人生や無意識を信頼しつつ、
あらゆる角度から、何かを伝えることも大切です。

では、どうやってあらゆる角度から、相手に伝えていくのか?
ということですが、答えはシンプルです。

いろいろな引き出しを用意したり考えたりします。
しかし、それが難しい方は、少しずつ引き出しを増やしながら、
真剣に相手に伝え続けるだけです。

そして、それはどこかのタイミングで相手に伝わります。

相手の心を大切にする

相手の心を大切にするとは、具体的には
どのように行うのでしょうか?

それは、相手との関係性により変わります。
しかし、少なくとも関わるということが大切です。

関わりなしに、仲良くもなれませんし、仲良くなることで、
馴染めて相手のことを理解しながら、想うことができます。

では、相手を大切にする方法を幾つかご紹介していきます。

1、相手を大切にして、コミュニケーションを取る
2、一歩踏み込んで関わる
3、相手の心を満たす
4、悦ばす・楽しませる・癒す
5、話を聴く
6、相手の幸せを祈る

など、色々とあります。
基本的には、相手の心を満たすということを
意識のレベルと無意識のレベルで行ないます。

それにより、不思議と変化が起きてきます。

例えば、このようなはなしを聞いてことはありませんか?

誰か苦手な人に合う時の話です。
苦手な相手に合う前に、相手のことをイメージの中で、
感謝したり、抱きしめます。

そして、現実の相手に会うと、不思議とコミュニケーションや
関係が、いつも以上にスムーズになっています。
控えめに言っていますが、なぜか、人間関係に急展開で、
仲良くなるケースもあります。

何が起きているかといいますと、あなたも気づいていない
無意識レベルでは、相手に伝わっているということです。

では、これを踏まえて、どう活用しますか?

まずひとつの活用方法としては、仲がいい。仲が良くないの話ではなく、
大切にしたいのであれば、相手の幸せや喜び、相手への感謝を
真剣に行ないます。そして、それは無意識レベルでは伝わります。

それが多くの面で相手を大切にする力になります。

感謝や大切にする気持ちを持つ

あなたの思考や感情は相手に伝わっている
つまり、無意識レベルではつながっています。

こんな経験はありませんか?

ある特定の人を、「この人好きではないな~」と思っていると、
気づいたら、相手も自分に対して、「好きではないだろうな」
というような雰囲気を発してきたりすることです。

逆に、好意を持っている相手は、相手からも好意をもってもらったり
など、不思議ですが、いろいろと起きてきます。

何をお伝えしたいかといいますと。誰かに対して、感謝したり、
大切に思ったり、好意を寄せていくことで、相手に伝わるという
ことです。

それを踏まえてお伝えしていきますと、次のようなことができます。
コミュニケーションに関するセミナーなどに出席している方でしたら、
既にご存知かもしれませんが、ご存知ない方は、試していただくことで、
こんなことがあるんだ。という体験をすることができるかもしれません。

では、その内容ですが、あなたがこれから誰かと会う約束をしているとします。
その目的は、デートでも、商談でも、打ち合わせでも、クレーム対応でも
なんでもいいですので、あなたの状況に置き換えてイメージしてみて下さい。

そして、相手に合う前に、あるイメージをします。
それは、頭な中でイメージを描きます。そして、あなたが相手のことを
大切にしているイメージや仲良く話しているイメージを描きます。

それだけで、現実のコミュニケーションにも影響が出てきます。
今までは、コミュニケーションが取りにくかった相手でも、
今までよりも、話しやすい状態が起きてきます。

まずは、試してみて下さい。
無意識がつながっているということは、こういった経験からも
感じ取ることができます。

無意識に感謝する

無意識との信頼関係を築くには、自分のあり方が大切だど言うことは
前回にお話しました。そして、以前にも少し触れたかもしれませんが、
「感謝」という言葉がキーワードになります。

今回のテーマは、無意識との関係を育み、深めていく上で
大切なことです。それが「無意識への感謝」です。

無意識は、私たちのためにベストな選択や行動を起こしてくれています。
その視点に経った時に、多くのことに気づくことができます。

仮に、今のあなたが、今までのあなたと比べて、苦しい状況に
いるとします。そんな時に、自分や人生、未来を信じることは
難しいという時もあります。

実は、ここに目を向けることで、無意識を活用しやすくなります。
そして、無意識からのメッセージを受け取りやすくなります。

例えば、無意識を信頼していなかった男性は、
セラピーでいろいろと自分のことをしり、過去や課題と向きあいました。
そこで次のような事に気づいたそうです。

・いつも、自分に教えてくれていた
・いつも、ベストな方向へ進むように、何だかの形で後押しをしてくれていた

無意識とは、私達にとって不思議なもので、ベストな方へ導いてくれたり、
後押ししてくれるからといって、必ずしも心地良いことばかりではないです。

・いたい出来事や現実
・目を向けたくない人生の課題
・未解決の問題や課題

などです。

しかし、そこに向きあいクリアしていくことで、
人生が変わり始めます。

そのような大きな視点で見ていくと、
無意識を感謝するということの意味が分かってきます。

自分のあり方が願望実現能力を高める

無意識を活用していくときに、大切なのは在り方です。

在り方というと、どんなことをイメージしますか?
この場合の在り方とは、その者ですが、存在のし方、
生き方です。どんな人間であるかが信頼関係を築く際の
前提となりますが、それと同じです。

よくいろいろな世界で言われますが、人間の意識と無意識は
車の両輪で、両方ないとベストなパフォーマンスを発揮できません。
そして、意識と無意識は信頼関係が大切です。

この場合の意識とは、自分自身の在り方とも言えます。

では、在り方と無意識についてお話して行きます。
自分が信頼に足る人間ですと、無意識も信頼してくれて
力を貸してくれます。

その時に、あなたの目標達成に対する思考と、
無意識のベクトルがあります。

では、どうしたら無意識に信頼をしてもらえるのでしょうか?

大きく上げると2つあります。

1、こちらから無意識を信頼する

人間関係でもそうですが、誰かから信頼していただいている時、
自然に、相手に対して好感を抱きませんか?そこから信頼関係を
築きやすくなります。

2、信頼に足る人間かどうか?

シンプルですが、約束を守る人間か、信頼出来る人間か
ということが大切になります。

・決めたことを守る、行動する、大切にする
・考えたことを守る、行動に移す、大切にする
・約束したことを守る、行動する、大切にする

つまり、言動の一致、イメージと現実や行動の一致など、
一致させることが大切になります。

そうして信頼に値する在り方をしていると、
無意識も力を貸してくれるようになり、自分で自分に対する
自信も育まれていきます。

自分の課題をクリアする

自分の心の中にある見解決の問題をクリアして行きましょう。

この見解決の問題をクリアすることで、
人生は、ある面で前に進みます。

そして、それは無意識レベルで起きています。

具体的には、いつも同じ失敗を繰り返す人、
ご自身を振り返ってみてもいいかもしれません。

この場合のいつもとは、
数年単位でミスをすることも含まれています。

もしも、心当たりがありましたら、この話を
読んだ後に、じっくりと振り返ってみても良いかもしれません。

・人間関係で上手くいかないことが多い方

・誰かとぶつかり合ってしまい、上手くいかないことが多い方

・お金の問題にいつも悩んでいる方

実は、前回にお話したように、人間には無意識のパターンがあります。
その無意識のパターンの中に、私達の失敗のパターンも含まれています。

そして、気づいていないことや、気づいているのに、
すぐにそのことを悪れて、痛い思いをする方がいます。

大切な事実は、この課題をクリアしないと、
定期的に、課題を基にした問題を繰り返すということです。

その都度苦しめられます。

しかし、一度、その課題と向きあい、少しづつクリアしていくことで、
改善が始まります。改善されたときには、新しいステージが待っています。

この時に、大切なのは積み重ねです。

一気にクリアできる課題でしたいいのですが、
多くの場合は、積み重ねです。

NLPでも無意識について学びますが、その人にとって、
大きな課題をクリアした時、多くの問題が解消されていくことも、
現実的にはあります。

もしも、今のご自身を変えたいと思ったら、
向きあうところから始めてみると良いかもしれません。

« Previous Entries